2016年09月28日

5月29日アヴィニョン

 リルシュルラソルグには電車で行きたかったのだけど、なぜかチケット購入がうまくいかず、フランス人女性に頼んでも買えなかった。
よくわからないまま、仕方無いのでバスで向かった。
バスより電車の方が早いんだけどなー、何でやろー?

バスには中国人多数。
フレンチアンティークはあちらでも流行っているのかな?爆買いはやめておくれ。
天気予報は雷雨、そのせいかアンティークの露店は数点しか出ていなかった。
普段の日用品や食料品のマルシェは多数出ているのに。

でもこちらはクリニャンクールみたいなアンティークのお店が固まった場所が点在している。
しかし値段もクリニャン並み!
で、ヴァンヴやクリニャンクールでも見かけたオカリナちゃん似のバイヤーがこちらにも出現!ちょとウケた。
露店で少々レースを購入、お店でシャンブルリネンのシーツ購入、65ユーロがあっさり50ユーロになった。
厚みもあってほどけば小物作りに良さそうだけど、シーツとして使いたい肌触り。
19世紀頃のものでシャンブルリネンは現代では再現できないらしい。
合わせてお城で使っていたと言う、凝ったモノグラム刺繍のリネンシーツも売りつけられそうになるけれど
かなり長い間大事に使われていた様子で怖いので(そんなので寝られん)断るけど、
フランスのおばあちゃん二人組は強烈で苦労した。
丁度お昼時で皆さま、お店のお高いアンティークテーブルでワインも開けて優雅にお食事されてます。
気楽な商売やなぁ、みんなおしゃれしてるし。

羨ましく眺めつつ、駅で待ち合わせたボンと合流してマルシェでローストチキンとピラフを買って公園で広げた。
隣のテーブルには中国人のおとなび女性5人ほどが同じくピラフを食べている。
買ったばかりのラベンダー柄のテーブルクロスを広げて、
私が半分しか食べられなかった大盛のピラフも軽く完食している、やっぱ、かなわんです。

この後、マルシェでリネントーションやプロヴァンスプリントの生地を買ったけれど、リルシュルラソルグ不完全燃焼。
お天気が冴えないのでフォンテーヌヴォクリューズにも行く気分になれず、
電車に乗りたかったのでカヴァイヨンに向かった。

カヴァイヨン到着、小さな街は日曜なので殆どのお店がお休み、映画館には少しばかり人が集まっている程度で街を歩いてもあまり人に会わず。
散策好きな二人なのでとりあえずは帰りの電車だけチェックして歩き出す。
どんどん歩いていくとローマ時代の何か門の跡?その向こうに小さな山があっててっぺんに教会がある。
教会も古そうだけど小さくて、でもこれは行くしかないか。
大理石山の階段を歩いて上るけどリルで買った荷物が重いって。
ボンが持とうかと言ってくれるけれど、自分の荷物なんで根性を出して断る。
しかし重いって、でも頑張る。
教会の中には入れなかったけれど、高い所は気持ち良い。
雲の状態がよく見えて面白かった。

なんとなくすっきりしたのでアヴィニョンのアパートに戻って荷物を置いて
明日はニース移動なのにアヴィニョン教皇庁に行ってないね、と向かったけれど5分オーバーで中に入れず。
最後だから外食しようとアルノー氏お勧めのGinnet&marcelで夕食、張り込んでローヌのAOCをも注文した。
このお店のウェイトレスさんはチップを渡すとなぜか赤くなってサンキューと言ってくれる。
パリとは違っていて、フランスも広いのだと思う。
屋外ゴハンは気持ちが良いね。
明日の移動に備えて、早めに就寝。
posted by lan at 16:31| 兵庫 ☀| Comment(0) | フランス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: