2016年09月16日

パリ 5月25日

2016-5-25.jpg

 朝ごはん食べたら、今日はパリ最終日、田舎に出かけようって事でプロヴァンへ。

2016-5-25-1.jpg


 東駅、ここで切符を買うのに手間取り、電車1本逃す。
次の電車まで1時間以上待つことになってしまったので、東駅界隈を散歩することに。



ヴィルマン庭園とか

2016-5-25-3.jpg


教会とか
2016-5-25-4.jpg


2016-5-25-5.jpg





2016-5-25-2.jpg


サンマルタン運河では閘門が閉まって水位が高くなったところでこのボートが出航するまでぼんやり見てた。
孫娘?が運転して、おじいちゃんは座って新聞を読んでた。

映画「アメリ」でアメリが水切りをしてたのがここだそうで、ボンも水切りが得意なのでやろうとしたけれど、水切り向きの石が見つからなかった。
アメリがいつもポケットに貯めてるのはそういうことだったのね。

こういう時にカフェでゆっくりという発想はうちら親子にはつくづく無いなと思う。

うろうろしているうちに電車の時間になった。
お弁当のパンと飲み物を持って小一時間程度乗車でプロヴァン到着、帰りの電車の時刻もチェックして、二人とも歩く気満々。


2016-5-25-8.jpg


2016-5-25-6.jpg


2016-5-25-7.jpg


都会歩きにつかれていたのでエエ天気の田舎をたっぷり歩き回ってリフレッシュしたところで、そろそろ帰ろう、コンサートも有るし。

が、エライ事にストライキの間引き運転に当たっていたのに気が付かなかった。
予定の電車なら、アパートに戻って食事して着替えてからコンサートに行ける算段が、これはコンサートにすら間に合わない。

ボン相当落ち込む。
楽しみにしていたパーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団。
50キロ先なら他の鉄道路線があるのでタクシーを頼むけど、1時間かかると言われる。
ここは日本とは全然違う(当たり前やけど)
ヒッチハイクまでやってみたけど、相手にされずホームで二人でしょんぼりした。
でも、2部構成やから1部が終った休憩時間に潜り込めむのなら間に合いそうだからとボンを励ます。

やってきた電車に乗って、電車の中を走りたいくらいの気分でパリ到着、走って地下鉄に乗って、降りたらまた走ってホールに到着。
1部がおわりかけていて、2部には何とか間に合った。
ハイキングのヨレヨレの恰好やけど、仕方無い。

ところがボンとわしの席に老女がどっかり荷物も置いて座っていて、どいてくれない。
仕方無いのでホール係員に対応を頼むけど
なかなか手ごわいおばあちゃん、大きなジェスチャーも入れて持論展開してて係の人も手こずってる。
どいてくれるまで結構時間がかかってた、すごいなパリのおばあちゃんて。

2部はショスタコーヴィチ、演奏はすばらしくて、歩き疲れている上にあの寝タレのボンが聴き入っている。
なんで、この人が指揮するとこんなに良いのかしら?
あまり沢山のクラシックコンサートに行った事が無いので比較対照が出来ないけれど、パーヴォ・ヤルヴィはほんまにええのです。
アンコールには「パリのめぐり逢い」をユーモラスに演奏してくれた。
幸せな気分、ホールを出たら口笛が上手な人が多くて、それぞれが「パリのめぐり逢い」名演奏やった。

2016-5-25-9.jpg


 最初から聴けなったのは残念やけど、充分満足♪
しかし、ふつーに考えて、昼間ハイキング、夜コンサートなんてスケジュール詰め込みはやらないよね。
欲が深すぎたかと反省。

明日はアヴィニョンへ移動。
posted by lan at 15:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | フランス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: