2016年08月27日

パリ5月23日


2016-5-23-3.jpg


朝ごはん

マルシェで買ったソーセージやホウレン草入りのスクランブルエッグ、クロワッサン、パンオレザン等々。
このヨーグルトが美味しくて毎日いただく。

この日はルーブルへ。
行列しましたよ、セキュリティチェックが1レーンのみで、団体が来ると割り込ませる・・・。

やっと入ったルーブル、スゴイっ。
「こりゃ1日では無理」と一瞬で気が遠くなって頭がクラクラする感じに
美術館はあまり得意では無い上にスケールが大きすぎ、お宝満載過ぎ。


2016-5-23-1.jpg

この絵は見たかったのでまあ、満足。
モナリザの前は自撮りの中国の人でイッパイ、パワフルやなぁ、かなわんっす。


2016-5-23-2.jpg


 模写している人が結構居る。
撮影OK、がっつり模写もOK、ルーブル懐が深いっす。
ムスコーとは館内は別行動にして夕方落ち合って、セーヌ川クルーズへ。
曇っていたので写真はイマイチなのでアップ出来ないけど
一番前に座ってすっかり満喫、食事が無いクルーズのみの船でのんびり景色を楽しめた。

2016-5-23.jpg

 夕食はとろっとチーズをのっけたトマトサラダとヒラメとホタテの焼いたの、
野菜のラザニアはアパート近くに冷凍食品専門店があってそちらで購入。
この冷凍食品店も面白かった、何でも有るしどれも美味しそうだった。
何だか同じようなモノばっかし食べてるけど、お店で食べてもそう変わり映えしそうでも無いし
お気楽なのが一番っす。

この後仮眠をとってJAZZを聴きに行くつもりがボンが全然起きてくれなくて
それでも23時過ぎには出かけてみたけど、ライブは最後の10分程度しか聴けなかった。
ビールを1杯ずつ飲んで帰ってきた。
深夜のパリを歩けるのもムスコーと一緒だから、ひとりだとこうはいかない。
初めてのおひとり様海外ではイタリア・トリエステのヴェルディ劇場からのオペラ帰りが23時過ぎで
それはそれはビクビクしながらホテルに帰ったのを思い出す。
でも、怖くても出かけたい時はあるんだなっ。

posted by lan at 22:29| 兵庫 ☀| Comment(2) | 晩ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うへぇぇぇぇ。
美術館で絵の具使って模写なんて考えられません! 昔明石の博物館の館長さんができるだけ皆さんに生の作品を見てもらいたいという配慮からガラスをつけないで展示したら万年筆使ってメモ取る年寄り多数で激怒してました。「インク飛んだら取り返しのつかないことになる!」って。

海外旅行も慣れた感じで羨ましいです。
日本の旅行でもこんなにリラックスした旅行にはようしません。
今度から師匠と呼ばせて下さい(笑)。
Posted by 森安樹 at 2016年08月31日 09:10
☆ 安樹さん

ルーブル太っ腹っす。
皆さま、日参して模写していらっしゃるようです。
彫刻も触れる近さ、防弾ガラスに覆われていたのはモナリザだけだったと・・・。
撮影もガラス無もルーブルに限らず、ウフィツィもプラドもヨーロッパは至る所でOKです。
日本で遠い作品の前で行列するのが嫌になりそうです。

旅行慣れというより、ケチです(笑
暗くなるのが22時頃なので、死ぬほどウロウロできました。



Posted by lan at 2016年08月31日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: