2016年06月30日

フランス旅行Bへろへろに疲れる


「オルセー行く言うてたやん。起きて〜な」と5~6回ほど声をかけ続けて、ようやくボン起きる。

2016-6-30-2.jpg


また地下鉄に乗って、どこだか忘れたけれど降りて歩く。
雨が降りそうな様子でセーヌ川写真もさえない。
ちなみにわしらが行った時のパリは異常に雨が多かったらしく、
この数日後にはルーブルも閉館になっていたので、行けただけラッキーと思ってる。


2016-6-30-3.jpg



オルセー美術館前、相当並んでる。
無料って嬉しいねー。
ボンはゴッホが見たいらしい、フランス旅行を決めてから急にゴッホ好きのスイッチが入った模様。
簡単な人や〜。

出来るだけ笑顔を心がけるけれど、正直しんどくてしんどくて本当はどこも行かないで部屋で寝ていたい。
でも、わしを追い立てるのは、「もうこれが最後かも知れんで〜」という内側からの声。
睡眠時間が人一倍長いボンが起きているし、ボンだけが行って「勿体無かったね、良かったのに」
とか言われるのを想像すると、さほど美術に興味がある訳でも無いのに無理してしまう、ああ、貧乏性・・・。

2016-30-4.jpg



2016-6-30-5.jpg



ジャズの演奏なんぞも有って、これがウマくて、観光客的には大満足。
本当に素晴らしい彫刻と絵画でございます。
パリってすごいね、体調が良かったらもっと感動できたろうに、ああ、勿体のうございます。
どんどんと疲労が襲ってくる、手ぶらでカメラ下げてるだけなのにカメラすら重い。


2016-6-30-6.jpg


曇ってるけど景色はええよ〜。
あの絵もこの絵も間近で見られるなんて凄い経験をしているのに
疲れているせいでわし、アンテナが引っ込んでる。
ボンの言葉数が減っているのはゴッホ見て感動しているのもあるやろうけど
コイツも相当疲れている様子。

ちなみに母子共にお天気が体調に相当影響するので、
こうも曇りと雨が続くととにかくしんどい、ボンは母よりも雨に弱い。
晴れるとアホみたいに活発に動く。

また、ゆっくり体調を整えて来たいものだと意見が合って
ついでに周辺のお散歩もしたら
二人共、再び疲労困憊でアパートに戻った。


2016-6-30.jpg


やっぱり作っておいてよかった、五目ちらし寿し。
インスタントのにゅうめんと緑茶とワインも。
ボンは食べずに寝たいと言っていたけれど、一旦食べだすと箸が進んでいて良かった。
翌日はアパートから歩いて5分とかからないバスティーユのマルシェに行く予定。



2016-6-30-1.jpg


アパートのテラス。
2階だとこのテラスがついているので、たばこは掃き出し窓を開けてこのテラスで。
天気が良ければここでゆっくり出来ると思っていたけれど、
パリ滞在中晴れてた日が少なくて残念やった。

ポット植えのパセリを買って、料理に使ってた。
コーヒーはロビーにエスプレッソマシーンが有って、宿泊客は無料飲み放題。
中庭に面した部屋だったので静かだった。

スーパーや地下鉄駅も近くて便利、またパリに来る事があったら
再び泊まるかも。

posted by lan at 09:14| 兵庫 ☁| Comment(0) | フランス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: