2015年07月31日

最近のちくちく

 aya師匠のワークショップで作ったピルケース

2015731.jpg


真ん中のブルーのバラの丸いのん、中は仕切りもついた使いやすそうな作りになっている良いものなのに
この日は何だか手元がおぼつかなくて、間違いだらけの上にちょっと雑になってしまって反省。
1over1で刺したので間違えてもほどけず、元の図案とちょっと違ったものになってしまって、また反省。
しかしながら使い惜しみをしていて、しばらくはガラスのコレクションケースに収め中。
きちんとやり直ししたいなぁ。

で、aya師匠といえば、ぷっくりアルファベットのワークショップでもお世話になったなぁと思い立って
高橋亜紀さんの本から赤糸でアルファベットを練習刺ししてみた。

20157312.jpg

 出来といたしましては、まだまだでんな。。。

DMC498.で懲りずにちくちくしたものの水を通すと滲みまくり(泣
2回程洗濯機で回してようやく落ち着いた。
そういえばaya師匠が304.も色落ちがひどいとおっしゃっていたなぁ、と思い立ってDMCにメールしてみたところ

いただいたお返事は↓



お問い合わせの件、ご迷惑をおかけしておりまして、大変申し訳ございません。
色番にドットがついたものは染料が変わっており、環境により一層配慮した染料になっております。
染料につきましては、フランス本社に問題の報告と品質向上の要求をさせていただきます。
ご不便をおかけしてまして、心よりお詫び申し上げます。

何卒、宜しくお願いいたします。

                    敬具


予想通りの返答だった。
これまでDMCは色落ちがしにくいと思って選んでいたのでちょっとショック。
赤い糸についてはドットがついていないのを買いだめした方が良いかもしれない。
使う前に石鹸水に浸したりするのは面倒だなぁ。
まとめてやっておくか・・・。

何だか刺繍のテンションが落ちていて、久しぶりで読書に励んでみたり、
金井美恵子はやっぱし面白い。


41S8SYGRE4L._SX334_BO1,204,203,200_.jpg


軽く毒を含んだ軽妙な文章がやたらと長くて、引用される映画や作家のことを知っていると可笑しくて電車の中でも読みながらニタニタしてしまう。
頭が良くて、きつくて、でも、ほのぼのしているところも有って、不思議な作品を書く人やといつも思う。

この人の小説を一番よく読んでいた頃はフランスに憧れていて、いつかは行きたいと思っていたのを思い出してしまった。
あの阪神大震災のもっと前で、映画も小説もフランスものが好きで音楽もドビュッシーやサティばかり聴いていた。
久しぶりに読んだ金井美恵子のせいで昔、フランスに行きたかった気分を思い出してしまった。
カラックスの名前が出ていたので「ポンヌフの恋人」観たっけな、とか、そう言えばクリニャンクールに死ぬまでに行きたいとか。
とりあえずパリ観光のガイドブックを2冊購入。
「歩いてまわるパリ」だの「トラベルデイズ パリ」どちらもアマゾンマーケットプレイスで激安やった。
ウルトラモッドやモニークリヨネのお店に行って見たい。
ついでにサインもらいたいよ。

フランス行くんやったら「木を植えた男」「マルセルの夏」の舞台になったプロヴァンスにも足を延ばしたい。
こちらも当時はまっていたアニメと映画で「マルセルの夏」は今も大好きで何度観ても涙が出てしまう。
マルセルパニョルの散歩道ってあるらしいんで歩いてみたいなぁ。
「木を植えた男」はレーザーディスクで持っていて、これも何度も観たっけ。
DVDで買いなおし検討中。
蚤の市に行きたいのならプロヴァンスではやってないんかと調べるとリル シュル ラ ソルグというところの蚤の市がすごいらしいので、これも絶対行ってみたい。

ピーターメイルが書く前から憧れていたプロヴァンス、ご本人は自分の書いたもののせいで観光客でごった返したプロヴァンスを見限ってイギリスに戻ったらしいひどい奴。

その昔、はまっていた頃の情報探しは図書館や行った事がある人に聞くくらいしかなくて旅費も高そうだと当時はあまりにハードルが高過ぎて、はなから諦めていたものが、今ならネットのお陰で何とかなりそうで、長生きはしてみるものだと思う。
燃油サーチャージが下がっているとはいえ、多大にお金が必要なので、とりあえず”節約”に励む事にしよう♪
それと体力が戻ってきているのも大きい、一昨日献血400ccが出来た。
もう10年以上も貧血がひどくて、自分の事で精一杯のそれどころでは無かったから、嬉しいの何の。
動けるうちに頑張らんとね。




posted by lan at 13:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | ぷち・ちくちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

こんなことがっ!

 大好きフランツフェルディナンドとスパークスがコラボやて!
そういえばフランツ・・・の音って懐かしかったけど、大御所?スパークスの昔の音にも似ている気がする。

親子世代競演がパリで行われた模様、この夏サマソニにも来るらしい。。。
兄弟、意外に体力あるなぁ。

無題.jpg


↑ こちらが6月28日のライブの様子。
ラッセル君の高音も今回はまあまあ出ています。
フランツ・・・のボクのぼえぼえっとした声との対比も良くて、いい感じ♪

最近、ゲスの極み乙女。が気に入っててライブは2度ほど行って楽しませてもらったけれど、わし世代が全盛でライブに行っていた頃はミュージシャン達と似たよな格好をしたり、それなりに”自分!”なスタイルな人が多かったのに今は、一様におそろいの手ぬぐいだのTシャツだのを身に着けてはステージに向かって人差し指を振り回す。

そんな姿が何だか苦手で、も、あんまり行きたくないっす。

でも、このパリライブはええなぁ。


続きを読む
posted by lan at 22:24| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする