2015年05月30日

2014ウィーン最終日まで

もう1年以上前の旅行とはいえ、せめて思い出して綴っておかないと忘れてしまうので頑張ってみよー。
も、結構忘れてる、今頃写真を見て「おお、そーじゃったのぉ」と思い出したりわかんなくなってたり。

ウィーン3日目の夜、シェーンブルン宮殿で野外コンサートがあるらしく、こちらはこちらで(市庁舎?)音楽関係のイベントがあるみたい。
雨は降るわ、言葉がわからんわでしばしウロウロ、開場前の目隠しの垂れ幕の画像がすスバラシイ♪
こんな大胆な内容の画像を大きく晒してもここは大丈夫なんやね。

20145.JPG




201451a.jpg


201452.JPG


どうしても縦にできなかった・・・。
トラムでもいちゃつくゲイカップルは結構多くて、そういうところはいい感じ。

201453.JPG



 ローズガーデンでみかけたポチャ子さん、カメラとパンツの色がおそろいで可愛かった。
オーストリア流なのか殆どのバラがトピアリー仕立てになっていて、(型に嵌められている感じで)美観を損なうような大きな名札がしっかりとぶら下がっている。
綺麗なバラを楽しむ庭園というよりも標本?っぽくてあまり好みではなかった。
手入れはそれなりにされているけれど。

この夜ピアノがランランでのシェーンブルン宮殿の野外コンサート、小雨と疲労でパス。
ああ、やれやれという感じでホテルの部屋に持ち込んだお鍋で炊いたラーメンをすすりながらコンサート実況をテレビで見た。




201455.JPG


201456.JPG


ウィーン最終の夜は楽友協会ホールのコンサートへ。
オッちゃん勧めるパーヴォ・ヤルヴィとパリ管弦楽団 ブラームスのドイツレクイエムとメシアン
5月のGWも過ぎているというのに予想外に寒くて、ボンのお下がりのユニクロのフリースを羽織っていったのだけど、
クロークで「預けろ」と言われ、しぶしぶ預けた、もちろん有料でボロボロのフリースはなんか恥ずかしい。

あっちと言われ、席番号を見て座っていると気の良さそうなお兄さんがこちらをチラチラ見るので切符を見せたら、わしがしっかり間違っていて、どうやらそのお兄さんの2枚持っているチケットのひとつに座っていた。
謝ってから、本来の席に行こうとしたらそのお兄さんは
「連れが来れなくなったようだから君は座っていてもいいよ」と言ってくれた。
でもお言葉に甘えているうちに、ほんまのお連れが来たら面倒臭そうだし、結局自分の席へ

安い席だったんで更に階段を登る。。。
オーケストラの背面になるけれど、指揮者のパーヴォ・ヤルヴィがよーっく見える。
仕事振りはかなりわし好みでいつもは憂鬱でイライラさせられるメシアンなのに、それはもーカッコ良かった。
ガンガン鳴らない知的で優しく歯切れ良いメシアンやった。
ドイツレクイエムも素晴らしくて、ぞわぞわしながら聴き入った。
プログラムとしては地味だから楽しく無いかもとオペラ好きのゲイカップルに言われていたけれど、日本ではこういうプログラムはあまりやらないだろうし、わしとしては大満足で、あれ以来パーヴォ・ヤルヴィの大ファンでごわす。
ヤルヴィがN響の首席指揮者になったので楽しみが増えて嬉しい。

余韻を味わいながらホテルに歩いて戻った。
15分程度、便利なとこで良かったよ。
地下鉄とかあったら緊張感で折角の気分が台無しになるところやった。


201457.JPG


 4日目、ウィーン最終日の朝はナッシュマルクトの蚤の市へ
ホテルからは歩いて15分程度、7時半くらいには市に到着できた。
お店は殆ど始まっていて、怪しいオッサンの店でホームスパンリネンを少々購入。
オッサン、英語も全くだめで、値切るのは筆談、至って陽気エエ加減。
オッサンの雰囲気が何かで見た事あるなぁと考えたらエミールクストリッツァの映画で見たような感じ。
浅黒い肌でギョロギョロ目の空きっ歯は茶色くて、指輪の感じとか『アンダーグラウンド』や『黒猫白猫』に出てくるような。
リトアニアから来てると言っていた。
あの時は安いと思っていたけれど、今にして思うと結構ぼられていたかも、まあいいや。
後は他のお店でボタンとレース少々にフレームとか購入。

蚤の市でまともな買い物をしたのが生まれて初めてで、浮かれポンチは帰り道に迷う。
ホテルはトラムの近くなのでそれを目当てに人に尋ねながら何とか戻って、ホテルの朝ごはんをたらふくかっ食らう。
朝ごはんの時間に間に合って良かったす。。。

チェックアウトが終わったけれど、プラハ移動の長距離バスは夕方の予約やったし、
スーツケース持ってうろうろするのは面倒やし昼過ぎの便の変えてもらってプラハへ。
ここの受付のおねーちゃんもエエ加減やった。。。


201458.JPG


 長距離バス乗り場まではホテルから地下鉄に乗って20分位やったかな。
乗り場の回りには何も無くて、風が滅茶苦茶強いけどお天気は良かった。
ウィーンではあまり晴れた日が無かったんでプラハは晴れるといいなぁ、とか思いつつバスを待つ。
トイレに行こうとしたらもちろん有料、お釣りは無いと言われて、仕方なく白ワインを1杯購入して、やっとこさ、用を足した。
でも飲みたくないものを買ってトイレ代を払うくらいならお釣りいらないって方が良かったかも。


201459.JPG



 バスは大体こんな景色で進んで行く。
田舎も行きたかったけど、情報も無かったし、もっと冒険せんとあかんな、わし。
ずっと高速道路を走るのでもなく、住宅街なんぞも通って行く楽しい道のり♪
明るいうちにプラハに着く。楽しみでござる。


posted by lan at 15:52| 兵庫 ☁| Comment(0) | ウィーン・プラハおひとり様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする