2013年12月10日

蒸し器ポチる

20131210.jpg


リュミナルク 耐熱ガラス製2段蒸し器

キューピー温野菜のCMを見ていて、決心がついた。

大きな蒸し器あるよ(大きな蒸し器は出すのが億劫で長い間使っていない)。
中華のせいろも持ってる(中華のせいろは匂いが苦手で(ボンやオッちゃんは問題無いらしい)あまり使っていない)。
100均で買った手持ちの鍋を蒸し器にする中敷も有る(悪くはないけど中途半端)。
どれもイマイチ使い勝手が合っていないとわかっていながら、新しい道具を増やすなんてと思ってた。

生野菜が苦手なボンに何とか野菜をたっぷり食べさせたいけれど、煮るより、炒めるより、茹でるより簡単かな?
流行っていたタジン鍋はかさ張りそうで躊躇したままだった。
シリコンは圏外。

ガラスなら匂いがつかないからもっと頻繁にシューマイ作ろうっと。
中華の茶碗蒸しも作りたい。
大きなどんぶりで蒸し上げたのを蒸し器から取り出すのがそれはそれはデンジャラスなので長い間作っていなかった。(長い布きんを入れるのは燃えるのが心配で出来なかった)
この蒸し器だとガラスごとテーブルに移動できるから楽そうだよ。
温野菜沢山いただこう♪
後片付けも楽そうだし♪

申し訳無いけど、引き換えに大きな蒸し器と中華せいろは処分しようと決心できた。
モノを減らすのは難しい。
本当に要るものだけ残すように暮らしたいと思いつつ現状維持が精一杯かも。
せいぜいきちんと使い続けるようにしたい。

posted by lan at 13:19| 兵庫 ☁| Comment(2) | 散財日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

本日ゴロゴロ。。。

引越し片づけぼちぼち進行中。
ボン切望のこたつを出した。
前のマンションのリビングでは狭くて出せなかったのをやっと。
無垢床は縮むらしいので断熱を兼ねた厚目の保温シートを敷いて、今の所は大丈夫な感じ。

猫さん達こたつ布団の上でおくつろぎ中。
黒いコードはボンが勉強用に使ってる電気スタンドのもの。

2013129.JPG




片付けに飽きたわしも一緒にゴロゴロちう。
気になっていた社内試験も何とか合格できたし、ひと段落ついた気がする。

ニコがこちらに来てから以前よりずっと活発になってきた。
食器棚の上とか高い所にも登るようになって、そのまま床にダイレクトに飛び降りることも出来る。

モンちゃんの軽やかな着地音とは程遠いだすっ!ってな大きな音が出るのでちょっと心配やけど。
毎日の運動会も激しくなったせいかゴハンの量も増えてきた。

昨年の引越しは父の事が気になって、余裕の無い引越しだったのでとにかくモノを突っ込んで移動しきった感じやったけど、今回は落ち着いて荷物の整理や汚れている所はきちんと拭いたりしながら進めている。
壁や床を自分でやっている時の「そこそこはかっこええ住まいにしよう♪」なんてのははかない幻想だっと気付く。
モノが入るやいなや、劇的にダサい・・・、こたつやボロボロのキャットタワーが追い討ちをかけてるし。
まあ、そんなもんです。



スピーカーを本棚に入れたら音が良くなったようで、以前よりCDを聴く機会が増えた。








最近よく聴いているのがBibio。
懐かしい音が沢山入っている気がする。
この手の音が好きなのは10代の頃からずっとで好みが変わらなさすぎだけど、今では結構ボンと合う時もあったりして、止まっていてよかった?
Bibioさんは庭に機材を持ち出して録音したりされてるそうな。


そういえばうちの鉢植えのトネリコの枝に去年の今頃 アマガエルが刺さって黒くカラカラになっていた。
百舌のはやにえってやつでしょか?
今年は梅の枝にオオスズメガが、くの字で刺してある。

気持ちが悪い癖にどうしても毎朝見てしまう自分が辛い。
鳥頭の百舌、思い出せるものなら早く思い出して食べていって欲しいねんけど。

posted by lan at 12:08| 兵庫 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

引越し完了

何とか荷物の移動はOK でも収まらない。。。

引越し当日、荷物の山を積み上げたまま、元の住まいの光回線撤去だの、引越し屋さんとのやりとりだのでバタバタしっぱなし。
猫2匹の移動も無事に出来たと安心していたのだけど、モンちゃんが見当たらない。
ボンがモンちゃんがいないよ。探したけど見当たらない、と言う。
ニコは最初はうろうろしていたものの、間もなくいつものキャットタワーのベッドで寝ているというのに、モンはきょどったまんまで姿を消してしまった。
ビビリなんでうちに来た時も押入れで2日近く気配を消して篭城していた事もあるし、そのうち出てくるよと言ったけれど、ボンもオっちゃんもいないと言い張る。
お風呂場の窓が丁度モンちゃんの頭サイズくらい開いているのに気がついて、全員落胆、そのまま外を探しに出たけれど猫の姿無しのまま、どんどん日が暮れてきた。

予約していたお寿司が大きな桶で届いた。
オっちゃん半ベソで箸を取って、ボンは気を使って「モンタは可愛いからどこかで幸せになれるよ。」とつぶやきながら握り寿司をほおばりだした。
美味しいはずなのに全く会話も弾まず、(当たり前だけど)半分くらい桶が空いた頃、ニコのいつもと違う「シャーっ」と言う声と一緒に別の猫の声で「シャーっ!」
おお、隠れとっただけでおったんやん!モンちゃん!そろっと出てきた。きょどったままやけど。
ニコは「エエ加減にしとかんい!」とモンをたしなめてくれたのかと思った。

「蒸し穴子美味しいねー♪」途端にお寿司が美味しくなってきた。
ボンが「生ネタの握りを食べてる時に出てきてほしかった」とボソっとつぶやいた。
まずはその場はめでたしめでたし、でも。

翌日はしっかりモンちゃんプチ家出。
ボロ家の勝手口は風が強い日に鍵をかけていないと、勝手に開くらしい事に気がついたときにはもうモンはいなかった。
慌てて玄関に回るとしゅっと白い足が走っていくのが見つかったので、モンちゃーんと声をかけたけれど、パニクっている猫はぴゅーっと走っていってしまった。

オっちゃん、また半ベソ。

でも、前日程の悲壮感はわしには無かったら案の定、数時間後にはリビングに何食わぬ顔で戻っていた。
オっちゃん嬉しくてまた半ベソ。
しばらくはあまり元気が無かったけれど、沢山雑草を食べようで沢山草を吐いてからはいつも通りゴハンを食べていた。

ああ、疲れたわ。でも良かった。

posted by lan at 18:11| 兵庫 ☀| Comment(2) | 父の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする