2013年02月13日

晩ごはん

ボンのリクエストは生クリームを使わないカルボナーラ
パンチェッタとパルミジャーノと卵で、本当はペコリーノ使うとかネットにレシピがあるけれど、ペコリーノはボン苦手らしい。
それなりにクリーミーに出来たけれど、釜玉やね。

これはわしの皿の写真なんでちょび盛やけど、ボンは大盛。

201302111.jpg

サラダ代わりに茄子やアスパラをオリーブオイルで炒めたの
ボンが生野菜苦手なんで仕方無いけど、面倒臭いよっ。

20120211.jpg

変顔のモン猫、キティ野郎はニコよりは細いけど、ほっぺたが結構伸びる。

201202112.jpg
posted by lan at 18:40| 兵庫 ☀| Comment(0) | 晩ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@肝胆亭

先日のドットコムマスター★の検定は同僚達も受験していて、これが8人全員受かっていた(凄いぞなっ!)お祝いの食事会を三宮の肝胆亭で。

20130207.jpg


あさりと菜の花、空豆と春を意識したらしいっす。

201302071.jpg


コチのフリットとむかごがのっかったサラダ
次に出てきたのはレバーのテリーヌを緑のクレープ?で巻いたやつ、初めてマイクロトマトをいただいたのだけど、マイクロトマトにはしゃいで写真撮り忘れる。

201302072.jpg


ビーフコンソメのポトフ
芽キャベツとカブが嬉しかった。

201302073.jpg


スズキの焼いたの

20130274.jpg


仔牛の煮込みと新牛蒡添え

お肉はもちろん柔らかくてさっぱりしてて美味しいけれど、お肉の下敷きになっているさつまいもが甘くて、新ごぼうのフリットの香りも冴えていて、良いお皿でした。

ムースやジェラート、梅ゼリーのデザート盛り合わせも写真撮り忘れてしもた。
前日予約で3150円!で、きちんと美味しい、サービスしてくれる店主の超気さくなお喋りも楽しかった。
お箸でいただくので気楽やし、ワインも手頃で美味しいのを揃えてくれてる。
野菜が多いのでお腹にも優しい感じ。
オッチャンと結婚前に来たときに生ハムを頼んだら添えてあった桃が感動の美味さやった♪
でも当時酔っぱらっていて、ワイングラスでグラスハープ遊びをやりすぎて店主に怒られて以来よう行ってなかった。。。ああ、恥ずかし、さすがにほとぼり醒めてるよね。

年の近い面々が多く、両親の介護を抱えている同僚も居て、みんな頑張ろなー、また集まろうねと声を掛け合った。
明るく行くでー、無理せん程度にやけど。

posted by lan at 18:28| 兵庫 ☀| Comment(2) | 晩ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

晩ごはん

20130130.jpg

ポルチーニのリゾット

201301301.jpg

豚ロースの焼いたの、焼きリンゴのせ

父の遺骨を父の家のリビングに置いていたけど、やっぱ寂しそうだからこちらに持ってきた。
猫達が滅茶苦茶をしないのは玄関くらいなんで、オッちゃん父の写真と並べてディスプレイ中。

ようやくホッとした感じで、毎朝夕とつい声をかけてしまう。
それでも悔いが残っているので時節涙流し中。

仕事が有って良かった。
同僚はかつて専業主婦だった時、父親を亡くして鬱になってしまい、心療内科に通ったけれど余り良くならず、今の仕事をするようになって楽になったと言っていた。
他に集中出来る事が有るのが有り難い。

こうしてどうにか何とかなって行くんだなぁ。
わしの刺繍を見て、「すごいねぇ、これはアートだねぇ」と年寄りにしてはハイカラな言葉をかけてくれたのを思い出す。
別に本にあるとおりの図案を刺しているだけやけど、病院のベッドでわしの刺しかけのを嬉しそうに見ていたのを思い出す。
今日は仕事休みなんで色々思い出してしまってあかん。
posted by lan at 21:25| 兵庫 | Comment(3) | 晩ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする