2012年02月23日

シナモンロール

ちょっと前になるけれど、ボンがシナモンロールを焼いて学校に持って行く!
と、いきなり言いだした。

紅茶シフォンの時もマドレーヌの時もいきなりやったけど。

「他の男子はカボチャのパイとか焼いてくるから僕もそれなりのレベル保っときたいねん。」

部活の3年生を送り出す会だそうな。

20120213.jpg


これは予習で焼いたシナモンロール、レシピは「かもめ食堂」の。
粗く刻んだカルダモンが入っているので爽やかな味わいでございます。
クーラーの下にはお味見の出番を待つお皿。

翌々日の朝、ボンは20個焼き上げたのをカゴに盛って意気揚々と出かけていった。
カボチャのパイの子はスイートポテトパイに変更して8時間かかったそうな。
他には唐揚げ、ミッキーの焼目をつけたホットサンド、イチゴ大福とかみんな手作りの持ち寄りがこちら剣道部の代々決まりだそうで。
女子はホットケーキミックスを使って一口大の丸いドーナツで、これが激マズかったと怒っていたのだけど、え?イチゴ大福も男子手作りかぁ。

頑張るんだなぁ男子。



バレンタインは義理チョコを13個持ち帰ってきた。
チロルチョコ以外は全部手作り。
お返しも手作りらしく、マドレーヌを20個は焼くと言う。


ボンがわしの留守中でも作業がしやすいよう、キッチンのレイアウトを変えた(おかげで本日は筋肉痛が〜)でもってどこに何が有るか、わかるよう整理もしたので、あれこれ尋ねられる事も無く自分でやってもらえそう。

いらないものも捨てて、磨く所は磨き直してかなりスッキリいたしました。
まだまだやけどね、ボチボチやっていこうっと。

やっとデスクトップPC用にキーボードとマウス、ワイヤレスのセットと、無線子機も買った。
これで部屋の模様替えもしたい〜、ちょっと暖かくなってくると色々やりたくてむずむずして来る。


20120223.jpg


でもってペトルーシュカ、刺しているとおかしくなってきたのでまたまたチャート訂正。
これが終わったら、自分用の枕カバーを白リネンに刺繍入りで作りたい。


51ROuEKnGKL__SL500_AA300_.jpg


先日古本で買った「Cross Stitch (Traditional Needle Arts)」
1994年の本なのだけど、トラディショナルなんつー内容なだけに全く古さを感じない。
百年前からこのまんまかと。
ざくざく刺した大きいのもいいなぁと思ったり。
ふち編みもマスターしないとにゃ。

で、明日は父を病院に連れて行かんと。
頑張ろうにゃー。
posted by lan at 15:19| 兵庫 ☔| Comment(0) | ボンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

チャート訂正

201202091.jpg



やっぱしペトルーシュカも起こして見た。

これを刺して可愛いかどうかビミョー、気が向いたらもちょっと触ることにする。
posted by lan at 19:16| 兵庫 ☁| Comment(2) | ぷち・ちくちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

チャート

バルビエ画集の「ペトルーシュカ」
あやつり人形のバレリーナをクロスステッチ・チャートに起こして見た。

201202093.jpg


難しい・・・。
傍らにひざまずくペトルーシュカ、これは無理だぁ〜〜。
やっぱしアウトラインステッチやろか。
posted by lan at 17:56| 兵庫 ☁| Comment(4) | ぷち・ちくちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rinのレッスンバッグ

姪のバースデープレゼントに作った、レッスンバッグ

20120219.jpg


以前、漠然とモニークリヨネの図案のレッスンバッグを送ったのはお姉ちゃんが使っていると聞いたので次女さん用にと、やっと作ってやれた。
ピアノレッスンに使ってくれているらしい。
バッグはピアノの先生にえらく誉められたらしくてオバちゃんは鼻が高い。
ピアノ頑張っておくれね。
posted by lan at 13:02| 兵庫 ☀| Comment(2) | ぷち・ちくちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また買った・・・

昨日やっと父の介護サービス先との契約諸々完了。
週2回ヘルパーさんに来てもらい、たまにはデイサービスでお風呂や会食やらの集まりに誘ってもらえる事になった。

父元気。
12月の入院騒ぎ後のしょんぼりから見事な立ち直り。
以前より元気になっているようにも思える。
ヘルパーさんのお手伝い不要かも、でも外と接触を持ってもらいたくてお願いすることにした。
認知症を疑われて、紹介状を持って神経科もかかったけれど、父はそんなキャラクターということのようでお薬も出ず、3ヶ月に1度程度様子を見せに来てくれという診断だった。
野菜を一杯使ったおかずをこれまた一杯作りだめしてから、膀胱ガン検査用に採取した尿を病院に提出して、毎度明石までの海岸沿いの道を歩いた。
寒いけれど、海キラキラ、松江海岸ではウィンドウサーフィンの人達がこの日もお元気で。
風が強い日は30代くらいの男性達が結構集まって楽しんでいるのだけれど、普段のお仕事って何をやってるんだろー?

ChouChou*Annexeでフランス祭りをしてしているらしいので立ち寄る。
この冬(秋だっけ?)ヨーロッパに買い付けに出かけた店主がフランスモノで店を広げてた。
買ったもの


2012208.jpg



トワル ド ジュイのプリント地(クッションカバーに仕立てられている)刺繍丸枠 ドイツの手刺繍カットワークレース。
ジュイのはそう古く無いみたいだけど、別のものに仕立て易そうな、で何にするねん?となると、しばらく温めます、ということで。
ドイツの手刺繍レースも何かに使えそうで、でも具体的には思いつかず、やっぱししばらく温めることに。
ロゴを翻訳ソフトにかけると”わたしのホールのバリアー”う、意味不明。
ざっくりめだけれど綺麗に刺してあるのが90センチで500円と破格。
デッドストックの刺繍枠はいつも使っているものと比べると厚みが半分くらいでとても持ち易い。
完成品を飾るためのフレームにと購入する人が多かったらしいのだけど、道具として十分使える。
1950年頃のものらしいので、当時の丁寧な手仕事がわしも出来るようになるかなー、てな錯覚を覚えるんを楽しむことにする。


20120208.jpg



最後はこの枠を使って刺し終わった。
何かに仕立て易いよう大きめの生地に刺していた。
この図案が好きでこれで3度目。
最初はキットのSajouの薄いブルーのリネン地にブルーの糸で、2度目は白リネンにネイビーで生まれて初めての1over1で眼精疲労を味わった。
今回は2over2で楽にちくちく、でも相変わらず間違いだらけ・・・。

会社の帰りにジュンク堂で買った「ジョルジュ バルビエ」の画集。
魅かれたのは多分このSajou図案でアールデコのスイッチが入っていたからかも。
この画集の刺したいわ。(超野望)
ニジンスキーのペトルーシュカのなんぞ可愛くていいかも。
ついでに刺繍とは関係無く、カイ・ニールセンやデュラックもポチってしまった。
恐るべし、洋書激安。

と、ヨロヨロしているけれど、次はパッチワークがしたくて

201202081.jpg


前から買っていた「Pach!」Cath Kidstonこの雑な縫い目、ザギザギでいびつな丸みが何だかオシャレに見えてしまって目からウロコが落ちる思いだった。
Sajouの刺繍が終わったらこのパッチワークをしようと構えていたのだけれど、雑な縫いをオシャレに真似出来るだろーか・・・。
手持ちのプリント地で試そうとしたのだけど、国産の生地だと色のニュアンスが違う。
で、RolloStockで3色組みのを買ってみた。

父の事でお休みがツブれてばかりだけれど、ちいさな手仕事は移動の電車でも出来るし、気が晴れるのでありがたいと思う。
posted by lan at 12:45| 兵庫 ☀| Comment(2) | ぷち・ちくちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする