2009年09月28日

初アメリ

昨日、初めてボンと一緒にDVDで『アメリ』を観た。
好きな映画なんでフィギュア同梱のボックスだのポスター、パンフ、サントラも持っているけど、内容にちょいとエロいところもあるので、ボンにはまだ観せていなかった。

「アメリの子って可愛いなぁ!、やっぱ、この音楽ええなぁ!」

大笑いでウケていた。

そういえばケーブルTVではもうとっくにやってたんだっけ。

やっぱしドミニク・ピノンが気になる俳優らしい。
他にもレーザーディスクになるけど
『聖なる酔っ払いの伝説』でルトガー・ハウアーと出てるやつ。
『デリカテッセン』では同じジャン・ジュネ監督でどっちもドミニク・ピノン出てるでー、観たかったらあるでー、とか言わず仕舞いやったけど、楽しい。
好きな映画はクストリッツァの『黒猫白猫』と言う。
これから好きなものを親の守備範囲以外で見つけてくれて教えてくれるのが楽しみやと思う。

ボンが映画を観て女優の容貌を誉めるのを聞いたのが初めて!
やっぱしハードルが高い感じ。
うう、大丈夫か・・・。
posted by lan at 21:57| 兵庫 ☔| Comment(2) | ボンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

イタリア3日目シエナの午後その2

ずんずん歩いてドゥオモに到着。
賑やかだぁ。

200909249.jpg


2009092410.jpg


よくよくこんな高い所まで自転車でようこそ!
記念写真撮影、超陽気♪

2009092411.jpg


ええなぁ自転車。。。
さすがにママチャリ無し、わしも乗りたいと後姿を見送る。。。

ドウォモとあちらこちらの共通入場券を購入してお散歩続行。
関西のオバちゃんは全部観る気満々。

2009092412.jpg


でもね、教養無いもんで、ロムルス君とレムス君、育ての狼さんだね。
Macの壁紙ファイルにあったよね。

程度す。ああ、勿体無い。

2009092413.jpg


中は暗いので写真ブレっぱなし。
キラキラは少なめ、ずっしりこってり濃密に綺麗な所という印象。

ドゥオモ地下も面白かったけど撮影禁止。
ずんずん歩いてサン・フランチェスコ教会

2009092414.jpg


教会前広場ののんびり感が良い。
教会入り口のマットに女の子が3人、何度も滑り込んでは転がって笑っている。
ツボに入ったらしく何度も繰り返す。
父親とサッカーのパスの練習の男の子や。

教会の中は当然静かで外ではしゃぐ子ども達の声が響いてくる。
ええなぁ、と思う。
日本のお寺や神社も昔はこんなんやったと思うねんけど。
今は駐車場になっていたり、陰気やから行く気にもならへんみたいやな、勿体無いなぁ。

祈祷所では剥離されたフレスコ画が展示されていた。
これはかなり好み。
どこの作家のどういった背景のものかは全く知らない。

2009092415.jpg


2009092416.jpg


2009092417.jpg


こちらもどこかで見たような??
いや〜好みやわぁ♪

2009092418.jpg


一通り観終わってから前日にチェックしていた靴とシャツを購入。
カンポ広場ではジャズで盛り上がっている人達発見。

こちらの盛装?は遊び着でもマントかっ・・・。
金曜の夜だからか通りは賑やかでバールでは飲んだくれて大騒ぎをしているけど、ここでもマント着用男子多数。

疲れたので絵葉書を買ってB&Bに戻る。

2009092419.jpg


Will君ただいま〜♪

相変わらず一人でディナーに行くだけの根性が無いのでレトルトカレー(激辛)とサトウのゴハンをチンしてお湯を沸かしてお味噌汁ですます。

絵葉書書いているうちに眠くなって早々に就寝。
明日はグラムシ広場のバスターミナルで見つけたモンテプルチャーノのバスツアーに行く予定。
B&Bのおじさんにパンフレットを見せて申し込みをしてもらった。
35ユーロのツアーやけど、申し込んでくれたおじさんに10ユーロ渡して残り25ユーロはツアー当日に業者に支払うらしい。
支払いが同じ35ユーロなら、お世話になっているおじさんに10ユーロが行く方がいいと思うけど、観光で成っている部分もしっかり出来ているのだなシエナ、と感心。
posted by lan at 12:15| 兵庫 ☁| Comment(6) | おひとりさま イタリア編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア3日目シエナの午後

『La sosta di S.Caterina』(←あれからこのリストランテの名前調べた。)でランチを済ませて他愛無い散歩は続く。

人だかりの柵の手前にトンネル発見。

200909241.jpg


トンネルを抜けると広がる景色、次はここでランチもええなぁ、と思わせるオステリア(ちょっくら高いかも)

200909242.jpg


坂道に戻って柵の向こうは『聖カテリーナの家』

200909244.jpg


200909245.jpg


200909246.jpg


↑の3人が微笑ましくて遠くから撮らせてもらった。
写真が小さくてわかりにくいけどティーンエイジャーかな。
静かにニコニコ、本当に嬉しそうで可愛らしかった。

200909247.jpg


200909248.jpg


何となく気持ちが良い場所。
posted by lan at 10:32| 兵庫 ☁| Comment(2) | おひとりさま イタリア編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイク王

黒のライダースジャケットを買った。
前から欲しかったけど流行っていると安い。
朝は肌寒いのでこの前職場に着て行った。

確かにTシャツだったし、ボトムは黒スキニーでベルトが付いたブーツまで履いていったわしがアホや。
同僚に

「♪下取りよりもバイク王〜♪」

と歌われて一日ウケた。
自分でウケたっす。

↓久しぶりの落書き。


20090924.jpg
posted by lan at 08:05| 兵庫 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

IE8

松山帰省中のボンからメールがあった。
お祖母ちゃんちのインターネットが繋がらなくなったと。

うう、ご契約の回線業者のサポートデスクにお願いします。

とは言えず、電話を入れたら、IE8に上げてかららしい。
アンインストールして元のバージョンに戻したら難なくOK。

数年前に大枚はたいて義母にプレゼントしたノートPCはこうしてたまに遊びに行く孫達が使うのみになっている。
一緒にプレゼントしたペンタブは多分埃をかぶっているだろう。

連休中はこうした状況があちこちであるようで、息子だの孫だのからのサポート要請が多く入る。
微笑ましかったり。

最近ボンは放送部先輩と同人を作ったらしい。
ボンはアイデアを出す、描く人は別に居るユニットにするとかナントカ。
おかんも入れてと言うてみたけど、あっさり拒絶・・・。

使って無いペンタブはお祖母ちゃんから返してもらおうっと♪
posted by lan at 07:18| 兵庫 ☀| Comment(2) | ボンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

百舌谷さん逆上する

200909202.jpg

『百舌谷さん逆上する』篠房 六郎 (著)



漫画を読んで久し振りで沢山泣いてしまった。

6月頃に伊藤 計劃 の『ハーモニー』を購入。
前作の『虐殺器官 』も面白かった。
そんな流れで読んでやっぱしええなぁ、と思っていたのに何とこの作家は亡くなっていた。
星雲賞受賞の知らせは天国で知っただろうか。
まだ若くて、30代半ばかと。
普段好きな作家が居ても、周辺をググったりはしないので全く知らなかったのだ、ずっと癌の闘病中での執筆だったなんて。

うそや〜!と更にググって出てきたのが篠房 六郎 著『百舌谷さん逆上する』
面白そうと気軽に1〜3巻まで購入。
特に3巻では、この著者は伊藤 計劃 氏と親しかったらしく、この作品の中に出てくるセリフに闘病中の大切な先輩(大学とその同人だったらしい)を気遣いながら見守っているものでしか絞り出せないような静かな祈りと叫びのようなものが痛切に伝わってきて余計に泣けてしまう。
主人公にはツンデレ美少女を据えて、癖のある笑いも多くちりばめられているので著者がストレートに叫ぶのではなく、やりきれなさを堪えて別の形で表現されているようなのが尚更ずっしりと迫ってくる。

でもそんな周辺事情を知らなくても十分に良い作品。
本当の強さってどんなものなのか?
”どえむ”にはわしはなれんけど、ボンと一緒に読んで二人で感動してしもた。
まだ連載中なんで、どうなっていくのか久し振りに超楽しみなものに出会えた。




200909203.jpg

『ハーモニー』伊藤 計劃 (著)


ヒトは大切な社会のリソース。
ある年代になると体にはサーバーが入って、体内も監視され健康状態常に良好。
メタボも痩せ過ぎも無し。
人は自分の情報を外へ開示しっぱなし、それが緊張感を生み、悪事も起こらない。
公園には子どもが落ちそうになったら、ぐんにゃりと曲がって受け止めてくれるジャングルジム。
傷ついた時にはすぐに対処してくれる大量のセラピスト。
そんな近未来のお話。
ディテールが詳しく説明され、イメージが映像的に広がってゆくように描かれているので頭の中も一杯になる、今回は円満なピンクが広がってゆく。
最近は滅多にSFを読まなくなったのだけど、こういうレベルの作品ならまた読みたい。
でも、もう次は無い。
posted by lan at 22:41| 兵庫 ☀| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日々のジミ弁

20090920.jpg

200909201.jpg

成長期のボンは「肉っ!」モードなので
ハンバーグどっかん!とかゴハンの上に豚ロース味噌漬けどっかん!とか大雑把でもいいのが楽といえば楽かなぁ。

体育祭も無事終わった。
砂埃がすごくてカメラ真っ白、お肌は日焼けた上にカサカサになってもた。。。(泣
posted by lan at 21:36| 兵庫 ☀| Comment(0) | ジミ弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

フィレンツェお出かけには是非!

イタリア日記ぼちぼちと綴っておりますが、この前見つけたブログが

「Buona giornata--フィレンツェ徒然日記」http://aglietta.exblog.jp/

おお!懐かしい!
3年前に初おひとりさまイタリアでお世話になったMIKIさんのブログ発見!

なぜか思い立ったフィレンツェ→トリエステの思いつき(思い込み?)旅行では本当にお世話になった方なのです。

MIKIさんがお世話をされているB&B「レレ・カヴァルカンティ」を予約したものの、フィレンツェ空港の工事がズレ込み利用不可、旅程変更を悩んだものの、それまでのメールのやりとりで好感を持っていたのでキャンセルをするのが勿体無くて、結局夕方のローマからES乗ってフィレンツェに向かわせるような、”お世話にならせてください!”パワーがある方なのです。

フィレンツェ・サンタノヴェッラ駅でお連れ合いのジョバンニさんとにこやかに待って下さって、車の中で話すと何と上の弟のお嫁さんと同じ中学校出身。
暮れきってしまったフィレンツェの町並みを眺めながら

「同じ関西出身や〜、なぜか身近!」

と、一人で笑ってました。
嬉しくてね♪

ウフィツィ美術館の予約やテアトロ・コムナーレのチケット手配やら、よく助けて下さいました。
旅行社で手配をかけてもらうのとは全く違う、仲良しの友達に頼むみたいな感じでした。
MIKIさんのお世話のおかげでスムーズに旅が始まって、以来、図に乗らせてもらってます。

今回ブログにリンクさせてもらいました。
真面目で楽しい素敵な内容です。
で、初めて個人旅行フィレンツェならこの宿は、お勧めです。
posted by lan at 22:34| 兵庫 ☀| Comment(0) | おひとりさま イタリア編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の晩ごはん


20090914.jpg


米ナスの揚げ田楽、漬けマグロ&山芋短冊、かぼちゃの煮付け。

仕事は新しい分野のを本日初めて丸一日やってみた。
これが疲れるの何の。

久し振りにクタクタながらも明日は休みと、ほくそ笑んでいたら

「僕な、明日休みとれてん。一緒にどっか行こか♪」

「ああ、オッちゃんすみません。
夏休みはボンと一緒によくよく出かけたけど、明日はわし、しんどいから家で独りでゆっくりしようと思うてましてん・・・。
今回ばかりはボンとわしが休みという組み合わせでも自宅でまったりやねん。
アンタとは出かける気がせんとかいうつもりは全く無いねんで。」

これは全く口に出していないのだけど、オッちゃんから休みを告げられた時に思いっきりそれはわしの顔に出ていたらしい。
オッちゃん、傷ついたらしいな。
で、面倒くさいから今日は”夫婦”でお出かけすることにした。

天気最悪やなぁ。
posted by lan at 09:08| 兵庫 ☁| Comment(2) | 晩ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のジミ弁当

200909141.jpg


かしわの照り焼き、豚ねぎみそ、小松菜の胡麻和え、さつまいもの蜂蜜煮、玉ねぎ入りのさつまあげ(市販品)

この前、ボンに

「これ、もう短いから」

と、ストレートのデニムを返品された。
昨年のボンにはわしがはいてたNAUTICAのデニムが丁度良かったので、普段に使わせてたのに、もう短いやて?
おかんより足長くなったやて〜〜っ?

成長が嬉しい反面、追い越され感が・・・。
そんな親はわしだけか?
posted by lan at 08:58| 兵庫 ☁| Comment(4) | ジミ弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

イタリア3日目

この日は一日シエナを散歩。
朝食をたっぷりいただいて8時には外に出た。

200905008.jpg


B&Bを出て右に曲がったところ。

2009050815.jpg


お菓子屋さんはもうとっくに仕事を始めている。
イタリア人働く時は働きます。
厨房もよくよく綺麗に保っていると思う。

200905082.jpg


とにかくずんずん歩く。

200905083.jpg


200905084.jpg


カンポ広場久しぶりだす。
Kanakoちゃんとお茶したのはこのあたりのバール。
わしも一服して広場を眺めた。

200905085.jpg


200905086.jpg


200905087.jpg


200905088.jpg


200905089.jpg


2009050810.jpg


2009050811.jpg


この景色を眺めていたのが午前9時頃やったと思う。
ここで、このタイミングで受けた派遣会社からの電話は堪えた。

「イタリアにお出かけなんですね。インフルエンザの心配があるので帰国後10日間はご自宅に待機でお願いしますね〜。」

国際電話かけてきてまで伝える内容では無いだろー。
帰国日でも良かったんやないかな。
今更グダグダ言うても仕方無いけど。

ちなみに今回のインフルエンザに備えてフロアにパーテーション(多分シャットアウトしやすそうな現状より高いやつ)とか空気清浄機とか新たにはいってくるらしい。
インフルエンザ罹患したオペレータの周囲2メートル範囲で着台している者は1週間の自宅待機と決まった。
業務停止にならないよう苦肉の策を打つらしい。
この必死さなら国際電話も有りなんかなー、う〜む。

2009050812.jpg


ランチのお店は適当に選んだのだけどここは良かった。
店の前の坂道に出したテーブルで。

2009050813.jpg


2009050814.jpg



トスカーナの前菜、サルシッチャとフンギのPici、小さなデキャンタでワイン、15ユーロくらい。
レバーパテはこれまでいただいてきた中で一番美味しかった。
前日のレバーも美味しかったな。
また行ったらレバー食べよう♪
相席したアメリカ人女性?も静かに頬張ってた。
天気良し、空気良し、風も爽やかでわしにしては珍しくも

「生きてて良かった。来て良かった」

心から感じた瞬間があった。
派遣の電話なんてもーいいや。

食べ終わっても、お散歩は続く。
posted by lan at 18:04| 兵庫 ☁| Comment(10) | おひとりさま イタリア編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の晩ごはん

20090911.jpg



この日はデパ地下で鱧2匹1000円。
夏のグルメ番組を観るたびにボンが

「鱧って食べたこと無い・・・」

と言っていたので久しぶりで鱧料理。
美味しく出来たと思う。

湯引きして梅肉あんをかけたもの、蒲焼と吸い物。
豚、ズッキーニやナス、ピーマンとか夏野菜のみそ炒め。
わしも久しぶりで食べた鱧やけど淡白ながらも濃いというか、
コラーゲンも多いらしくて、意外にお腹一杯になってしまう。
しょっちゅう食べるものでは無い気がした。


200909111.jpg



この日はとっても居酒屋モード♪

黒豆枝豆、出来合いの餃子、すじのどて炊き(ジミやけど渾身の作っす!)、鯖開き、鰻巻き(これも出来合い)、冷奴。


昨晩は久しぶりに人工川の川べりのテーブルで友人家族と集った。
お重にいつものお菜とおにぎりを詰めて、外ごはん。
ビールは近所の店で買ってきて、外で飲み食いするのは美味しいわー。

父親はアメリカ人宣教師、母親は日本人のここの兄弟の上の子がボンと同じ年でスケボーもよく一緒に練習する。
日本の学校のある種のきつさに馴染めず、インターナショナルスクールにも合わず、ホームスクールをずっと続けている。
早朝、自分で起きてジョギング、筋トレ、7時半には勉強を始めているらしい。

課題も多く、提出しなければ単位がとれないのは同じ。
カリキュラムをこなしていると結局ボン達の授業が終わるのと同じ時間くらいになっている。

これだけ自分をコントロールできる能力はこれから一生の財産になるやろなと思う。
細まっちょながらも精悍でカッコええ子でした。

英語オンリーの彼等と一緒の時はボンも英語らしきものを使っている。
結構通じてるみたいやねんけど、ふるわんなぁ、彼の英語の成績は。
posted by lan at 09:14| 兵庫 ☀| Comment(4) | 晩ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日のジミ弁

2009_9_11.jpg



本日のボンのジミ弁。

ほうれん草、ツナ、コーンのオムレツ、ウインナケチャップ炒め、蓮根オリーブオイルのきんぴら。
白飯、なめたけ。

一段と涼しくなって、ボンの弁当、地味なりに作りやすくなった。
体育祭もこの調子で涼しいと良いなぁ。
posted by lan at 08:40| 兵庫 ☀| Comment(3) | ジミ弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

おとーちゃんとデート♪

久しぶりで父とデート♪
最近足の具合が良くないらしくて長距離を歩くのを渋りだしたので三宮国際松竹で「トランスポーター3」を観ようと誘った。

おじーちゃんと観る映画は何がいいか?
ボンと相談すると意外に「HACHI」はおじーちゃんのイケナイ地雷ポイントになりそうだと意見が一致。
うちのおとーちゃん、ホンマ難しい。

ご機嫌良く観だしたものの、途中居眠りもあり。
観終わってからの彼の感想は

「ヨーロッパはほんまに狭いし古いしあきませんな。末期症状見ましたわ。」

クサしまくりが無いだけマシか・・・。

地下街でお寿司を食べてから

三宮から元町まで地下道が出来てるねんで、と言うと是非歩きたいという。
地下道壁面には神戸の古い写真があって、中でも灘の酒造の写真には懐かしそうに眺めいっていた。
父は小学校に上がるまで灘で過ごし、名古屋に引越し、中学校から明石で過ごしている。

元町大丸に出てから、

「海岸通を歩きたいな。久しぶりやからな」

会社近辺なので案内はお手の物。
幼い頃、父実家の明石から芦屋の借家に岐路、車の中でのうたたねから醒めた時の景色がわしの海岸通。
当時の写真はまさにトリエステ。
バブルと震災があって、あの頃と同じ古いビルはいくつも残っていない。
でも、残っているビルの路面に面したフロアがブティックやインテリアショップに様変わりはしていても

「これは郵船のビルや。これは三井商船やな。」

以前、「チャーリーとチョコレート工場」を観に来た国際松竹の記憶なんぞは綺麗に吹っ飛んでいる癖にこういうことの記憶は確かなのには驚く。
懐かしそうに眺めている父に近くに有る「戦没した船と海員の資料館 」の話をすると是非行きたいと言われ、再訪した。
父は戦没した夥しい船の写真を眺めた挙句、ボランティアの研究員(多分同年齢くらい)に

「懐かしい船がぎょうさんありますなー。私、少し遅く生まれて良かったですわ。上の人らには気の毒やけど、おかげで私は行かないですんだですわ。ほんまに上の人のお陰ですわ。死なんですみましたわ。」

と、ニコニコ笑って話しかけている。
親がそんなん言うてる時、子としてはいたたまれんけど、これは正直に本音やと思う。
父の兄弟で長男と次男は戦死しているのだから。

「lanさん、ええとこ教えてくれてありがとうさんですな。」

いえいえ・・・。

研究員と話した時に印象深かったのは、来館者に写真を一通り眺めてから

「戦艦無いですな。どこにあるんですか?」

と言う人が後を絶たないらしいのだけど、すかさず

「そういうのが観たいんやったら呉に行ってください。ここには一切ございません。」

と返答するそうな。
その話をする時の研究員の目力の強さ。
歯も抜けて、伸ばした背中も丸い、優しいおじいさんの目が厳しくなっていたのが格別印象に残った。
posted by lan at 22:20| 兵庫 ☁| Comment(2) | うろうろ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶色弁当

ボンはこのところ体育祭の練習とかで30分早く家を出る。
何とかお弁当を作っては持たせているけど、
相変わらず茶色が基調・・・。

2009_9_8.jpg


だし醤油であまじょっぱく仕上げたピーマン肉詰め、ヒレとんかつ、蓮根天ぷら、にんにくねぎたっぷりの豚味噌。
カロリー高めやけど、若いモンやからまあええか。
せめてごはんの彩りにふりかけをかけさせてほしいのだけど、

「ごはんは白!」

と譲ってくれない。

昨日は友人のお弁当の星型のチキンナゲットを1個もらったら、胸やけで吐きそうになったと言っていた。
うちのが安心して食べられる茶色の弁当だそうな。
このお弁当箱は結構張り込んだ
「クロワッサンの店」とかでも綺麗にディスプレイされてて、店頭では素敵に見える。
でも我が家のこの中身だと新聞紙で包んで輪ゴムでゆわえたくなる。
そんな雰囲気がわしが思う男子の弁当箱のイメージ。
懐かしい感じがするねん。

汁漏れ防止のゴムパッキンは取り換えもきくらしいけど、フタでお茶が飲めないのがやや残念?
posted by lan at 09:21| 兵庫 ☁| Comment(2) | ジミ弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

あほあほまん



youtubeというありがたいもんのおかげで昔好きだった色々なもんを見ることが出来る。
この教授はやっぱすごいかも。
ボンが篠原涼子の若かりし画像を見て驚く。
「アンフェア」のカッコいい彼女とは被りにくいらしい。
与えられた仕事を一生懸命こなして今日があるのだという説教臭いことしか説明できなかった。。。

フレディ・マーキュリーをはじめ、沢山のアーチストがエイズで亡くなった。

クラウス・ノミが生きていたら何をしていたのかな。







posted by lan at 22:09| 兵庫 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余裕が無いのかも。

またまた更新滞っております。

わしの休日はボンも夏休みなんで、ここぞとばかりに一緒に出かけておりました。
これはこれで楽しいけど、お出かけでくたびれて、普段は仕事が忙しすぎてくたびれてPCを開くことが無くなっております。
仕事で拘束される時間はずっと同じなのだけど、忙しいと濃く疲れてしまうのか消耗している感じっす。
加齢のせいもあるでしょが。

で、今はインターネット接続関連のサポートだけだったのだけど、これからはPC周辺とitunesだのワードやエクセルもサポートするんだそうで・・・。
もちろん様々なメーカーの無線ルータ設定サポートだの・・・。

おつむついていけるんやろか。

ワードやエクセルは嫌いで避けてたんスが。
イラストレーターの方がずっと楽しいのに。
バタバタと研修が終わって、毎度の見切り発車が明後日から始まる。
遠隔操作も加わって、わし、不安やわ。

でも、こっちの方が面白そうではある。
出たとこで行こう♪
posted by lan at 17:47| 兵庫 ☁| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする